読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非公開日記

日記です。自分が興味あることを挫折しながら書いていきます。

CPU開発日記[その1]

開発環境の準備

CPUを開発するために環境を整えます。

前のエントリでも述べましたが、『独自CPU開発で学ぶコンピュータのしくみ』(以下では単に"参考書"と呼称させてください)で紹介されている環境を使って開発を行っていきますので、開発環境についても同書のものと原則同じものを用います。

準備の手順については参考書が書かれた頃と現在で若干変わっている点がありますので、本エントリでは変更点も反映した現時点での準備方法を記述します。

 

Quartus Prim, ModelSimのインストール

①Altera のWebページ(https://www.altera.com/)にアクセスします。
2015年にAlteraがIntelに買収されたため、上記Webページには Intel の文字が見えます。

 

②ページ上部の[サポート]をクリックします。

f:id:QZ2501:20161201224640p:plain

 

③[ダウンロード]をクリックします。

f:id:QZ2501:20161201224833p:plain

 

④ページ下部の"ソフトウェア・セレクター"の"バージョンから選択"を選び、"Quartus 開発ソフトウェア"のバージョン 16.1 を選択します。
"Quartus のエディションの種類"が表示されるので"ライト・エディション"をクリックします。
なお、参考書では 15.1 を選択していますが、同書には最新版が出ている場合にはそちらを選択すべきと書かれているので現時点での16.1 を選択しました。

f:id:QZ2501:20161201225410p:plain

 

⑤"バージョンを選択"には"16.1"、”オペレーティングシステム”には Windows を選択し、”ダウンロード方法”には [Akamai DLM3 ダウンロード・マネージャー]を選択しました。ダウンロード方法についてはダイレクト・ダウンロードでも問題ないかと思います。

f:id:QZ2501:20161201225730p:plain

 

⑥同じページ中の[個別ファイル]をクリックし、
[Select All]にチェックを入れた後、Devicesの[Arria Ⅱ device support],[MAXⅡ, MAX Ⅴ device support], [MAX 10 FPGA device support]の3つからチェックを外します。
最終的にチェックの有無は下記の画像のようになります。
正しくチェックをしていることを確認したら、[選択したファイルのダウンロード]をクリックし、ダウンロードを開始します。

f:id:QZ2501:20161201230341p:plain

*ダウンロードの際にはAltera のアカウントへのログインが必要になります。
アカウントが未作成の場合にはアカウントを作成してください。

 

⑦ダウンロードが終了したら、ダウンロードした"QuartusLiteSetup-16.1.0.196-windows.exe"を起動します。
起動には少し時間がかかるようです。気長に待ちましょう。

 

⑧起動後はインストーラーの案内に従ってインストールを進めます。特に理由がなければ設定をかえずそのまま進めていけば良いですが、下記の画像と同じ画面が出たら、
Quartus Prime Lite Edition(Free),Quartus Prime(includes Nios ⅡEDS), Devices, Cyclone Ⅳ, Cyclone Ⅴ, ModelSim -Intel FPGA Starter Edition(Free) にチェックが入っていること(逆に言うと、一番下のModelSim - Intel FPGA Editionだけチェックがないこと)を確認し、[Next] をクリックし、インストールを進めます。

f:id:QZ2501:20161201231923p:plain

なお、私はCドライブに容量が少なかったので、空きの大きいDドライブへのインストールを試みましたがエラーメッセージが出てDドライブへのインストールが出来ませんでした。その後、インストールを先をCドライブのままにして再度インストールを試みたらインストールに成功しました。

==ここから設定中にスクリーンショットを取り忘れましたので、若干うる覚えになります。後日再検証し、書き直します==

⑨インストールが完了すると、インストーラ上に"Installation Complete"と表示されます。後にUSB Blasterのドライバが必要になるので"Launch USB Blaster Ⅱ driver installtion"という項目がありましたら、チェックをいれた上で [Finish]をクリックします。

⑩ドライバのインストールが始まりますので案内に従ってインストールを行います。

 

デバイスドライバの設定

FPGAボードをUSBケーブルでPCと接続し、電源をONにします。

Windows 10の左下に表示されるフォームに"デバイスマネージャー"と入力し、デバイスマネージャーを開きます。

f:id:QZ2501:20161201233043p:plain

③デバイスマネージャー上の"ほかのデバイス"の USB-Blasterを右クリックし、[ドライバソフトウェアの更新]をクリックします。

④[参照]をクリックし、"次の場所でドライバーソフトウェアを検索します:"にインストールした[intelFPGA_lite]を選び、[次へ]をクリックします。

④設定が成功するとデバイスマネージャーの"ユニバーサルシリアルバスコントローラー"に"Altera USB-Blaster"が表示されます。

 

以上で今回紹介する設定は完了です。